操作系統の組み立て

ラジコン飛行機の販売プログラム【ラジコン1】



ラジコンを動かすに当たって、動力の取り付けに続いて行わなくてはならないものが操作系統の組み立てになっています。

動力がラジコンの機体を飛ばすだけの大きな力を得るための装置であるとするならば、操作系統は、動力によって得た大きな力を制御するための力を得るための装置であり、操作系統の設定があるからこそ、ラジコンを自分の意思によって動かすということが可能になっているものとされています。それだけに操作系統の組み立ては大変複雑かつ細かい作業の連続であり、ラジコンを組み立てる上での最大の難関と言っても間違いは無いでしょう。そのために正しい手順で組み立てにあたり、一つ一つの取り付けを確実に行っていくということが求められるようになっています。

操作系統の組み立ての最も大きな要因として考えられているのが、サーボによって行われた各操作を機体に伝える役割を果たすリンゲージロッドの取り付けと、動力系統の動作を取り扱うスイッチマウントの取り付けにあるとされています。これらの取り付けが確実に行われることによって、操作系統が正常に作動し、プロポによる操作を確実に行うことができるようになるものとされています。

リンゲージロッドやスイッチの取り付けが済んだ後は、モーターやエンジンなどの動作を機体に伝えるためのプロペラを取り付けることになります。プロペラは機首に取り付けられた動力系統の先に取り付けられるものであり、ラジコン飛行機の飛行状態の殆どを司る非常に重要な部品として考えられています。

これらの部品を取り付けることができたら、ひとまずはラジコンの組み立てが完了したことになります。

>>激安ラジコン飛行機専門店【ラジコン1】の詳細はこちらをクリック!<<




スマートフォンと言う携帯電話