離着陸時の注意

ラジコン飛行機の販売プログラム【ラジコン1】



ラジコンの操作を行う上で最も注意しなくてはならないもののひとつとして、逆打ちに関することが言われています。

逆打ちは、ラジコン飛行機が自分と反対をむいているときに、操作を反対に行なってしまうという操作ミスのことであり、特に着陸時に起こるものであると考えられています。

逆打ちが着陸時に起こりやすい原因として、自身が進行方向に機体を飛ばし終わった後には自分の手元で着陸をさせようと考えるものです。

その際に進行方向と反対向きに着陸させることになる上に、低空飛行を行うことによって、飛行機を見ることに集中してしまうがゆえに、逆打ち操作を行なってしまうということが、主に初心者を中心として起こるものと考えられています。

しかし、逆打ちを行わないためには、どのようなことをしたらいいかということを上級者に尋ねてみてもあまり的を射た回答が得られないことが多いです。

それは、多くの上級者が感覚によって逆打ちに関する対策も含めたラジコン飛行機の操作を習得しているからであって、それを人に伝えるということが非常に難しいことであるからとされています。

つまり、逆打ちを防ぐためには、そういった感覚を自らつかめるようになるまで繰り返し練習を行うことが最も確実な方法ではないかといわれています。

自分でも出来る注意点としては、飛行機の進行方向と同じ向きを自分も常に向いているようにするということであり、自分と飛行機の向きを常に一致させておくことによって逆打ちを起こらなくするということであるといわれています。

>>激安ラジコン飛行機専門店【ラジコン1】の詳細はこちらをクリック!<<

スマートフォンと言う携帯電話