ロール軸

ラジコン飛行機の販売プログラム【ラジコン1】



ラジコン飛行機を操作するためには、エルロン、エレベーター、ラダーという3つの舵をプロポによって操作することで、機体を自在に動かすことができ、その技術などを競うことが楽しみの一つであるとされています。

ではエルロン、エレベーター、ラダーという3つの舵は稼動することによってラジコン飛行機の機体に対してどのような動作の影響を与えるものであり、また手元で操作するプロポをどんな風に操作をしたら自在に舵を操作することが出来るようになるのでしょうか。

舵の1つであるエルロンによって操作されるのは、主に機体のロール軸といわれる軸を操作することになります。

ロール軸というのは機首から尾部にかけての軸であり、ロール軸の操作を行うことによって、機体を左右に傾かせることができるようになります。

ロール軸を操作するためには、プロポの右側のスティックを左右に操作することで行なうことができます。ロール軸の操作は飛行中における機体の水平を保つために使用されるものでありますが、水平を保つため以外にもより高度な操作をするためにも重要な働きを持っているのがロール軸であるとされています。

例えば、機体をロール軸にしたがって1回転させるような操作は、高度なラジコン操作の代表的なものであることが知られています。

そのために重要な働きをするのが、ロール軸であり、ロール軸による操作であると言えます。機体全体の安定性を保ったまま機体を回転させることは、高度なラジコンの操作方法の代表的なものとして知られています。

>>激安ラジコン飛行機専門店【ラジコン1】の詳細はこちらをクリック!<<

スマートフォンと言う携帯電話