ピッチ軸

ラジコン飛行機の販売プログラム【ラジコン1】



エルロンによって操作されるロール軸は、機体の左右の傾きを調節するものであるのに対し、機体の上下の傾きを操作するための軸がエレベーターの舵によって操作されるピッチ軸であるとされています。

ピッチ軸の操作はロール軸の操作以上に離着陸などの基本的な操作に関係するものが多いために、確実に操作を行なえるようにしておきたいものです。

エレベーターの舵はラジコン飛行機の水平尾翼に取り付けられているものであり、尾翼部分の上下によって機体の上下の効果を得ることが出来るものとされています。離着陸のときはもちろんのこと、ラジコン飛行機の高度を調節するときなどにもピッチ軸の操作が行われることになり、ラジコン飛行機を操作する際に、最も操作する機会の多い軸であると言えます。

ピッチ軸を操作するためには、ロール軸がプロポの左側のスティックを左右に動かすことによって行なうのに対して、右側の軸を上下に動かすことで、ピッチ軸の操作を行なうことが出来るようになっていますが、間違えやすい操作のひとつとして、スティックを下に下げることによって、機体が上昇するというプロポの操作と機体の動きが反対になっているという点にあるとされています。

これはピッチ軸の動きを決定するエレベーターの舵に関係するものであり、エレベーターが下に下がることによって、機体が上を向くという作用を得ることに関係しているといわれています。

離着陸という基本的な動作から、宙返りなどの高度な動作に至るまで、非常に多くの動作がピッチ軸の操作を行うことによって、可能とされています。

>>激安ラジコン飛行機専門店【ラジコン1】の詳細はこちらをクリック!<<

スマートフォンと言う携帯電話